ちょびちゃんねる

今増える災害に備え、防災意識を高めに考える。気になる事もたくさんかきます!

【2019年版】加湿器タイプ別おすすめ13選・肌もカサカサ乾燥の冬、そしてインフルの季節がやってきます。加湿器で湿度を保って身を守りませんか?

kashitu-5

 

こんにちは、ちょびです。

最近は気温の変化がすごくて何日か風邪をひいていました。

声はガラガラ、喉が痛くて熱まで出て久々に大変でした。

もう乾燥の季節がやってきますが、乾燥って本当にいいことがないですよね。

特にインフルエンザなどのウィルス性の病気。

うがいやマスクなどでは防ぎきれないと言われていますね。

予防するには部屋の湿度管理と適切な温度管理が必要になります。

空気中に水分が少なくなると、くしゃみや咳などをすると遠くまで飛び、拡散するみたいですね。

感染力を弱めるには「室温20℃以上・湿度50%~60%で空気中の感染力が下がる」そうです。

そして、私は毎年かかとのカサカサ予防を早く始めます。

あちこちクリームを塗りこみますが、毎年加湿器があるのと無いのでは全然カサカサ具合が違います。

加湿する事で顏や肌の様子も喉の乾燥も変わりますよね。

湿度が大切な時期がやってきます。

検討中の方は種類や選び方を参考にしてみてください。

 

 

 

 

加湿器の種類は意外とたくさんある!

昔はモクモク煙のように水蒸気が出ているタイプが主流でしたが、今は「加湿出来てる?」と思うほどモクモクしてないタイプがたくさん出ています。

加湿方式・お手入れ頻度・消費電力・加湿スピードの差などで探すといいかも知れません。

 

スチーム式

                                kashitu-1

                                出典:amazon

こちら昔からのお馴染み、モクモク加湿するタイプです。

ヒーターで水を熱して蒸気に替え、加湿していきます。

【メリット】

熱することによって雑菌がわきにくく、お手入れが簡単なものが多いです。

また、暖かい風がでるので暖房効果も期待できます。

【デメリット】

ヒーターを使用しますので消費電力が高めです。また、吹き出し口の温度が40℃以上と高くなります。

お子さんの居る家庭では注意が必要ですね。

 

気化式

                                           kashitu-2

                                        出典:amazon

水を含ませたフィルターにファンで発生させた風を当てて加湿します。

【メリット】

消費電力が低めです。

吹き出し口が熱くならないのでお子さんの居る家庭などには安心ですね。

【デメリット】

定期的な加湿フィルターのお手入れや交換が必要になります。

加湿スピードは遅めで吹き出し口から出る空気は冷たいです。

カビ・雑菌の繁殖がしやすいですが、最近は加湿しない時にフィルターに送風が行われて繁殖抑制されているモデルも出てきています。

ファンの音が大きめのものもあります。

 

超音波式

            kashitu-3

            出典:amazon

水を振動させ、超音波を発生させることで細かいミストにして加湿をします。

【メリット】

小型のモデルが多く消費電力は低いです。

小型が多いだけに卓上やベッド脇に置きやすいです。

【デメリット】

タンク内の水に雑菌が繁殖しやすいので、放出されるミストに雑菌が混ざる可能性があります。

他のタイプに比べて加湿能力は劣るものが多いようです。

水に含まれるミネラルで部屋が汚れる事があるので、こまめなお手入れが必要になります。

 

ハイブリット式(温風気化式)

                                     kashitu-4

                                    出典:amazon

ヒーターで温めた風を、水を含んだフィルターに当てて加湿します。

気化式+ヒーターと言ったところですね。

【メリット】

温風なので気化式よりも加湿するのに効率的です。

価格帯は他タイプより高めですがとても人気ですね。

【デメリット】

ヒーターを使用する分、気化式よりは消費電力が高くなります。

定期的なフィルターのお手入れや交換が必要です。

ファンの音が大きいモデルがあります。

 

ハイブリット式(加熱超音波式)

ヒーターで温めた水を振動させ、細かいミスとにして加湿します。

超音波式+ヒーターと言ったところですね。

【メリット】

ヒーターで加熱する為、超音波式のような雑菌繁殖は少なくなります。

【デメリット】

ヒーターを使用する分超音波式よりも消費電力は高くなります。

水に含まれるミネラルで部屋が汚れる事があるのでこまめなお手入れが必要です。

 

 

機能を確認する!

就寝時に必要な機能や、お子さんがいるなどそれぞれ必要な機能が変わってくると思います。

  •  タイマー機能
  • 自動化室コントロール機能
  • チャイルドロック
  • 転倒防止スタンド
  • アロマ対応
  • 静音設計
  • 空焚き防止機能

 

 

タイプ別加湿器 おすすめ13選

価格もタンク容量も加湿のタイプも違います。自分に合うものを選んでみましょう。

 

スチーム式加湿器

 

VICS(ヴィックス) スチーム式加湿器 V750

サイズ:27×16.5×32.5cm

本体重量:1.55kg

消費電力:260W(強)/130W(弱)

付属品:芳香パッド 1枚

 空焚き防止機能付

 2段階切り替え(強・弱)

 芳香パッド 1枚付

 

 

象印 スチーム式加湿器 EE-RN50-WA

(幅×奥行×高さ): 24×26×31.5cm

本体重量(kg):2.4kg

お手入れ簡単水タンク一体型フッ素加工

Wセンサーが湿度を自動コントロール「自動加湿3段階」

適用床面積(目安) 木造和室:13m2(8畳) 集合住宅及びプレハブ洋室:22m2(13畳)

 

 

山善 ブラック KSF-K282(B)

スチームファン式 加湿器 上部給水タイプ

本体サイズ:幅21.5×奥行30.7×高さ23.2cm

消費電力:500W

最大加湿量:パワフル600ml/標準400ml/控えめ200ml

適用床面積目安:木造和室~約10畳/プレハブ洋室~約17畳まで

水タンク容量:2.8L

本体重量(kg):3.6

 

 

気化式加湿器 

 

シャープ プラズマクラスター 7000  KC-G50-W

加湿器+αの性能です!

サイズ:39.9×23×61.5cm。本体重量(kg):7.7

消費電力:最大約54W

8畳のお部屋の清浄スピード:12分

加湿量:500mL/h。・加湿方式:気化方式 ・給水タンク容量:約2.5L

適用畳数(プラズマクラスター7000:約13畳;空気清浄:約23畳;加湿:プレハブ洋室:約14畳,木造和室:約8.5畳)

 

 

シャープ プラズマクラスター HV-H30-W

サイズ:32.2×15.9×31.6cm

消費電力:最大約9W

加湿量:強290mL/h

本体重量(kg):2.8

 

 

パナソニック ナノイー搭載 FE-KXS05-W

本体サイズ:高さ375×幅375×奥行き186(+背面凸部10)mm

しっかりうるおう、しっかり省エネ。

本体重量(kg):5.2

 

 

バルミューダ Rain(レイン)  ERN-1100SD-WK

そのまま給水できる画期的なタンクレス構造。

コントロールリングによる新しい操作方法。

現代的で見やすいディスプレイ。

空気清浄機「AirEngine」と同じ酵素フィルターを採用。空気を除菌してから加湿します。

 

 

 

超音波式

 

 

アイリスオーヤマ PH-U40-MD

7色に光るLEDライト

アロマ対応・13時間加湿

 

 

Proscenic 807C

スマホAPP遠隔コントロール

エッセンシャルオイルディフューザー、加湿器として使用

ミストの噴出量の設定

カウントダウン時間設定

アプリで予約可能

超音波式長時間運転

機器から離れていても操作でき便利です。

注意:2.4GHzのWiFiが必要。

 

 

Focondot 

車載加湿器として利用可能

アマロ機能

加湿+ LEDライト機能

USB給電でより便利

 

 

ハイブリッド式 

 

 

アイリスオーヤマ HDK-35-W

サイズ:23×:16.5×:31.2cm

40W

アロマパッド(予備)×2枚、お手入れブラシ

本体重量(kg):1.9kg(水含まず)

 

 

アイリスオーヤマ ARK-500-U

サイズ(約):幅37.4×奥行20.8×高さ37.6cm (コード含まず)

重量(約):5.4kg ・電源コード長さ:約1.5m

・電源:AC100V(50/60Hz) ・消費電力:217W(50Hz)/220W(60Hz)

 

 

タンスのゲン Elec-diamond ホワイト

サイズ】幅24×奥行18×高さ31.5cm / コードの長さ:1.5m 【重量】約2.4kg 

【タンク容量】5.2L(11畳用)

【材質】ABS、AS、アクリル 【電源】AC100V 50/60Hz 

【消費電力】125W(ヒーターオフ時:30W)【連続使用】12時間(ミスト最大時)

【湿度設定】40〜75%(5%単位) 【オフタイマー】約9時間

【加湿モード】超音波、超音波+ヒーター  【加湿量】3段階調節(強・中・弱)、最大加湿量:400ml/h (ヒーターオフ時:300ml/h)

【付属品】リモコン・抗菌カートリッジ

 

 

 

まとめ

加湿器の種類、たくさんありますね。

今家にあるのはスチーム式です。風邪をひいて慌てて出しました。

実は今年は小さいストーブも購入しようと思ってるんです。

そこに定番のヤカンを乗せて加湿しようかと思っています。

ストーブは災害時の強い味方でもあり、普段の煮込み料理の味方でもあります。

最低でも居間と寝室は加湿器を置きたいですよね。

あなたに合った加湿方法はどれですか?

冬の対策に用意してみてはいかがでしょうか? 

 

 

レンタルもいいですね。興味のある方はこちら ↓ ↓  

 

シャープ×ダスキン!空気清浄機レンタル!まずはお試し!