ちょびちゃんねる

今増える災害に備え、防災意識を高めに考える。気になる事もたくさんかきます!

ハザードマップと防災マップの違いは?国土交通省ハザードマップポータルを使おう!

 

haza-domappu bousaimappu


こんにちは、ちょびです。

 

あなたは自分の住んでいる場所やよく行く場所の災害リスクをご存知ですか?

 

「ハザードマップという言葉は知っていますよ。聞いたことあるし」

「知っているけど確認したことはないな・・」

「何を見れば確認できるのかな?」

 

という方がたくさんいるのではないでしょうか。

今回は簡単な操作で災害が予測できる、国土交通省ハザードマップポータルのご紹介をしていきたいと思います。

 

 

ハザードマップと防災マップの違い

ハザードマップと防災マップは全然同じものではないですね。

ハザードマップは災害の被害を予測する図で、災害の種類別に存在しています。

防災マップは、「避難経路」と「避難場所」を書き込んだ地図で、災害の種別を問いません。

 

ハザードマップならわかる・確認できる事

ハザードマップは、災害への備えや避難行動など防災に関する様々な場面で活用することができます。

是非1度確認しましょう。

  • 自宅付近の災害リスクの確認
  • 転居先を選ぶ際の災害リスク確認
  • 避難先の検討
  • 避難ルートや避難方法の検討
  • 危険区域の確認
  • 地形と災害の関係性を知る
  • 浸水対策の検討
  • 地震対策の検討
  • 水・食料等の備蓄の検討

 

国土交通省ハザードマップ

国土交通省が運営する「国土交通省ハザードマップポータルサイト」では、各地域のハザードマップを閲覧することができます。

操作も難しいものではありません。色々な災害が指定した土地のマップ上に表示されます。

 

重ねるハザードマップ

  f:id:chobisippo:20190202133441j:plain

出典:国土交通省ハザードマップポータルサイト

                                   

重ねるハザードマップは、複数の防災情報を1つの地図上で同時に表示できるので、

避難の計画を立てるのに最適です。

下記の情報で検索が可能です。

 スマートフォン等のGPS機能を活用して現地のリスクが確認できます。

 ハザードマップポータルサイトに住所を記入して確認できます。

 地図から検索できます。

 

【 閲覧できる主な情報 】

 災害リスク

 洪水浸水想定期域・津波浸水想定・土砂災害警戒区域等・土砂災害危険個所

 道路防災情報

 道路冠水想定箇所・事前通行規制区画・予防的通行規制区画・緊急輸送道路

 防災に役立つ地理情報

 土地条件図・沿岸海域土地条件図・治水地形分類図・地形分類図・明治期の低湿地

 活断層図・火山基本図・火山土地条件図・識別標高図・大規模盛土造成図

 

  

    

 

わがまちハザードマップ

  f:id:chobisippo:20190202133458j:plain

出典:国土交通省ハザードマップポータルサイト

 

全国の市町村が作成したハザードマップを、地図や災害別種別から簡単に

検索することができます。公開していない市町村のマップの確認は各市町村に問い合わせが必要になります。

 

【 閲覧できる主な情報 】

 洪水ハザードマップ

 河川が氾濫した時に想定される浸水域や浸水深、避難場所等を表示します。

 内水ハザードマップ

 下水道の排水能力を超えた大雨の際に想定される浸水域や浸水深を表示します。

 高潮ハザードマップ

  台風等の影響により、海水が堤防を越えて浸水が想定される地域と浸水深を表示し

 ます。

 火山ハザードマップ

 火山噴火により噴石、火砕流、融雪型火山泥流等の影響が及ぶ範囲を教示します。

 津波ハザードマップ

 津波が陸上に押し寄せたときの浸水域や浸水深を表示します。

 土砂災害ハザードマップ

 土砂災害(急傾斜地の破壊、土石流、地すべり)の発生危険地域を表示します。

 震度被害(ゆれやすさ)ハザードマップ

 地震時の震度などの揺れの大きさを表示します。

 地盤被害

 地震の時に発生する、液状化被害の可能性を表示します。

 

ハザードマップ確認↓↓↓ 

国土交通省ハザードマップポータルサイト

 

まとめ

大きな地震で耐震住宅でも住めなくなったりしていますね。

予想を超えてくる出来事に、地盤の状態は本当に大切だなと個人的に思いました。

2018年の水害も、水害からの土石流も大変なものでした。

 

自分の住んでいる場所はどうなのか?

災害が起こった時にどんな風に影響があるのか、確認しておくことはとても大切な

事だと思います。

この機会に家、会社、学校、よく行く場所など確認してみてもいいですね。

 

ハザードマップは自治体窓口で紙媒体のものを入手する事もできます。

1度手に取ってみてはいかがでしょうか?